松 亜樹 の ヘンタメ★ニュース

「 99%のジョーク 」 と 「 1%のトゥルース 」

『もしも...』大仁田厚さんが国会議員一人ひとりに毒霧を吹きかけたら

youtu.be

 10月31日に7年ぶり7度目の“引退試合”を行う元参院議員の大仁田厚の“化身”であるペイントレスラーグレート・ニタが、27日、東京・新木場1stRINGで行われた「さよならグレート・ニタ」でリングに別れを告げた。
 “今世紀最後の魔界対決”特別試合として、ニタは“母親違いの妹”グレート・タム(年齢不詳、中野たむの化身?)、落武者橋本、ライデンと組んでジーザス矢口、ミスター・ポーゴ(2代目)、怨霊、寧々∞D.a.i組と8人タッグデスマッチに挑んだ。

(掲載元URL: https://youtu.be/6rB7GME-Ee0 )

 

 

『もしも...』國母和宏さんが一人レッドブル状態になったら

youtu.be

 元スノーボード日本代表でプロスノーボーダー國母和宏が、27日放送のTBS系「消えた天才 ~一流アスリートが勝てなかった人大追跡SP~」に出演。“腰パン騒動”の真相をテレビで初告白した。
 國母は、2010年バンクーバー五輪に出発する際、公式服装のネクタイをゆるめ、シャツを出し、腰までズボンを下げている“腰パン”姿で空港に登場。現地の会見では「反省してまーす」と語尾を伸ばして回答、母校に苦情が殺到する騒ぎとなった。
 現在はプロスノーボーダーとして、バックカントリー(自然の山)を滑っている映像を作成。この映像でスノーボード界のアカデミー賞を2016年に獲得、日本人初の快挙を成し遂げている。

(掲載元URL: https://youtu.be/zN3A2UgEpi8 )

 

『もしも...』藤田菜七子さんがグリズリーに騎乗したなら

youtu.be

 藤田菜七子騎手=美浦・根本厩舎=は27日、新潟競馬で7鞍に騎乗。12Rで6番人気のラブターボで逃げ切り勝ち。今年のJRA9勝目を挙げ、年間10勝に王手をかけた。
 レースは積極的にハナを奪うと、後続に1馬身4分の3差をつける完勝だった。「何回も乗せてもらっている馬で、特徴をつかんでいた。理想通りの競馬ができたと思います」と笑顔で振り返った。

(掲載元URL: https://youtu.be/fviRfv_4p0k )